デビットカード決済の裏ワザとは?

振込手数料無料で口座から決済ができる

デビットカードをネットショップの決済に利用していて、お得だと感じることがあります。通常、口座から銀行振込をすると、手数料がかかるのですが、デビットカード決済を代わりに利用することで、手数料が一切かからずに、多い時には1ヶ月で1,000円近く節約できました。 私はネットショップで日用品の購入をすることが多く、1回の買い物につき振込手数料がかかるのが悩みの種でした。クレジットカードを使えばいいのですが、家計を管理をしやすくするために、日用品はカード決済せずに高額なものを購入する時にだけ利用をしたいと考えています。 振り込みをする際には、違う銀行同士ですと手数料は高くなりがちですし、インターネットで使える口座でないと、窓口や銀行のATMまで出向くのが大変です。デビットカード決済では、クレジットカードの決済を選んでカード番号等を入力して、一回払いを選ぶだけで、その場ですぐに決済ができます。夜間でもすぐに手続きできるのはとても便利です。

利用前に家計簿アプリで預金の残高チェック

デビットカードは口座からすぐに引き落とされるので、残高を把握しておかないと決済できないことがあります。私は家計簿アプリに預金口座を登録させて、すぐに確かめられるようにしてあります。 通常は、ATMに行ってキャッシュカードを使って残高照会をしなくてはいけませんが、保有しているデビットカードの銀行は家計簿アプリに対応しているため、決済口座を登録してあります。デビットカードを利用する前には、アプリを起動するだけですぐに残高の確認ができ、決済できない事態を防げますので、とても便利です。 デビットカードは利用するとすぐにメールで通知が来ます。口座の残高を見て、決済された額に間違いがないかも同時に確認できます。不正利用されてもすぐに確認できるのではないでしょうか。近年では、利用する人が多くなったためにデビットカードそのものを登録できるアプリもあり、より利用歴や残高の管理がしやすくなっていると考えられます。

買い物して支払うとき、日本では圧倒的に現金決済する人が多いのが現状ですが、最近ではクレジットカードで決済して付与されるポイントを有効活用する人が増加してきています。