デビットカード決済のメリットはこんなに!

デビットカードの使い方

デビットカードの良いところは、銀行の窓口やATMでお金を下ろす手続きをしなくても、その場で支払いができることでしょう。普通預金の口座残高まで利用できるので、十分に用意しておけば余裕を持って使うことができますよ。休日や時間外でお金が足りない場合、提携のATMから下ろすことになりますので、利用手数料が多くかかります。レジで無料で決済できることから手数料分を軽減することもできますね。 支払う場合には、デビットカードを使うとお店の方に言わなくても、そのままカードを渡して一回払いで支払うと言えば、クレジットカードを利用する時と変わりなく手続きができます。 現金主義の方で、クレジットカード決済が必要な場合でもほとんどの店舗やネットショップで使うことが可能ですし、立替や当座貸越が付かないものなら、審査が行われないデビットカードもあることから、債務整理等の情報が載っていてカードを作れない方でも、デビットカードを使える銀行に申し込みをすることができます。ただ、銀行によっては、口座残高不足で決済不能という状態が続くと、信用情報に記載されることもありますので気をつけてください。

デビットカードの特典は銀行によって違う

クレジットカードのようにデビットカードにも特典がつけられていることがあります。 流通系の会社の銀行なら、系列企業で特定の日に買い物をすると、割引で購入できることもありますし、ネットモール系の銀行なら、利用回数に応じてモールのポイントが付いたり、盗難保険やショッピング保険による補償が充実していたりすることがあります。 従来の形態の銀行でしたら、不正利用された場合の手厚い補償や、利用額に応じたキャッシュバックのシステムを採用していることもありますし、特定の電子マネーのポイントや、マイルサービスが貯められるデビットカードもあります。このように様々な特典が設けられているので、自分がよく利用するサービスに合わせて、お得に使えるカードを選ぶといいでしょう。 中には、会費が有料となりますが、ゴールドカードのデビットカードを扱っているところもあります。無審査で、国際ブランドのクレジットカードのゴールドカードとほぼ同様のサービスが利用できます。空港でゴールドカード会員専用のラウンジを使えたり、各種予約サービスなども利用できることがありますので、利用する機会の多い方は申し込みをするといいでしょう。

コンビニの決済代行のサービスを用いることで、ネット通販の支払いがスムーズになるだけでなく、外出をする機会が多い人であっても、好きなタイミングで手続きを取ることが可能です。