知ってますか?デビットカードの特徴

口座に入金されているお金を決済に用いる

あまりクレジットカードは持ちたくない、あるいはクレジットカードを作りたいけど、いろいろな事情でそれができないという人にデビットカードが注目されています。デビットカードは、発行時の審査が原則としてないにもかかわらず、クレジットカード利用のメリットのいくつかを得ることができるからです。では、具体的なデビットカードの特徴としてはどのようなものがあるのでしょうか。 まず、基本となるのは銀行、あるいは銀行のようにお金を口座に入金するシステムが存在する組織が発行するという点です。クレジットカードの場合、金融業とはまったく関係のないデパートなども発行しますが、デビットカードの場合、口座に入金されているお金を決済に使うというシステムになっているので、客が口座を開設してそこにお金を預けるというシステムを運用している会社ではないと発行できないのです。

銀行口座を通す決済なのに24時間いつでも即時決済が可能

口座のお金を決済に使うということは、もし、口座にお金がなかったら決済は不可能ということになります。これもデビットカードの大きな特徴の一つです。つまり、クレジットカードのようにカード会社からお金を借りて商品を購入するのではなく、口座を財布に見立てて買い物をするというシステムなのです。 また、銀行口座を利用しての決済にもかかわらず、24時間、いつでも取引できるというのも特徴ですね。キャッシュカード兼用のデビットカードを、店が用意するカードリーダーに通して暗証番号を入力すれば、即時にお金を支払うことができるんですよ。そのため、クレジットカードを所持する人と同じように、不要な現金を持ち歩くことなく、買い物を楽しめます。